アービンジャー・インスティチュートは今がお買い得品 |

いくつか、「そうか!!このキーワードだったんだ」とおもうものに出会いました。具体的な事例がわかりやすく、一気に読めてしまいます。本って不思議と自分にとってベストなタイミングで!手元に届くものなんですね。

下記の商品です!

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

アービンジャー・インスティチュート自分の小さな「箱」から脱出する方法 [ アービンジャー・インスティチュート ]

詳しくはこちら b y 楽 天

送料無料はありがたいです。いかに自分が!良くも悪くも特別だと思っていたか!あまりに当てはまりすぎ!今まで何とも思っていなかった人達に思いを巡らせました。自分への裏切りを「箱」にたとえているのが,とても分かりやすいのです。むしろ、中学校か高校の授業で読むべきだとも思います。。何日もかけてゆっくり読みました。評価の高い本なので!購入しましたが!読むまでタイトルに騙されていました。本書の通り、箱から出ようとした時から、緊張がとれ、何も怖がらずに人と向き合える自分に出会えたと思います。とてもわかりやすい文章で!コミュニケーションの大事なポイントをといてくれて!読んでいて「目からウロコ」でした。 コミュニケーションに関する本はたくさんありますが、これはただのHow to本でなかったのが良かったです。興味のない方も是非一読してみてください。おすすめです。人が生きるために、自分以外の人と接するときには、とても為になる本だと思うので、是非是非是非是非多くの人に読んでもらいたいです。 本の内容は終始会話形式で読みやすいし! 自分に置き換えて考えられるから!とても 理解しやすかったです。 対人関係において、時折見えない壁を感じることがありましたが、この本を読むことで、すべての原因は自分自身にあるとはっきり解りました。この本で気づかされたことは、会社にかぎらず、家族との関係をこれから築いていくうえで、活かしていきたいです。 なぜ相手の間違っている部分を指摘しているだけなのに こっちが不快になるのか・・・が自分ではよく わからずにずっときていたけれど!この本を 読んで!原因がはっきりしました。たまたま目に止まったので購入しました。自分を省みる人が少なくなっていると思える世の中で「もしかしたら私が原因?」と考えられるきっかけになる本だと思います。最近読んだ本の中では!特にお勧めできる本です。公私共に人間関係についてうまくいっていない自分が、なぜそういう状況に陥ってしまったのかを理解することができる本でした。この本は今の私にとって!ベストな本でした。私もできるだけ「箱」の外に留まる努力を,そして,人の役に立つ努力をしよう…と,妙に納得しています。なかなか良いです。読み始めの印象は「ナンダかなぁ!?」という感じでしたが,進むにつれ面白くて,ついついハマッちゃいました。これは予想外でした。そういう内容の本の方がHow to本よりも役に立つように感じました。「人に心を開くってどういうことだろう?」「周りにろくな人がいない!」など不満や疑問を持っている人、人間関係に悩んでいる人におすすめです。奥さんにもよませたら奥さんの考え方がかわってすごく驚いた」といってました。自分自身について教えてくれるというか気付かせてもらえた気がします。夫婦喧嘩とかで冷静さをかいたときにいつでも読めるようにすれば解消できるかも(笑)きっと、強く太い関係性が作れるような気がするなー。。!!!が!読んでみてびっくり!あえて内容には触れませんが!読み終えた時には生まれ変わったような新たな気持ちになりました。この本を読んだ知り合いは「つきに一度は必ず読み返したいと思ってる。目からうろこが落ちました。客観的に考えると!いかに「箱」の中に入っていることが多いのかに驚きます。物語形式で丁寧に説明されています。いわゆる「箱」の中にいると,互いに自己正当化の応酬で人間関係は雪だるま式に崩れていく。読みやすさもあるので!オススメです。 この本は内容が濃いので、1回でここに書かれていることを理解し頭の中で消化するのは難しいです。読み始めたばかりですが、早く読み進めたい内容です。ノウハウ本と言うよりも、物事の捉え方の基本を気づかせてくれる、『眼からうろこ』な本です。。これは!是非世の中の誰もが読むべき本だと思いました。。今までで一番ハッと!そして一生心に残る一冊となりました。悪いことは人のせいにしたがるもの。何回か繰り返し呼んで噛み砕いて!飲み込んで吸収したいと思いました。全てのことは!自分の責任であるとようやく分かりました。頭で理解し!具体的な行動は自分でするしかありません。ビジネス本みたいにみえるけど!これ!専業主婦のかたにもオススメです。 今まで自分がどれだけ人のせいにばかりしてきたか、改めて気が付かされました。自分を客観的にとらえられるので、読む価値があると思います。マイナスモードになった時、箱に入ってるから出なくっちゃ!!って言い聞かせてます。ふ〜ん,なるほどねぇ。毎日読みたい本です。「自分は絶対だ!」と思っている人も反省できるかも?!「箱」がどういう意味を持つのか!とても興味があり購入しました。本を読み終えたら気持ちが軽くなって!何気ないことも楽しく感じられるようになったような。自分のキャパの狭さに気付いた時に見つけた本です。丸暗記なんて出来っこないけど、何回も読んで頭に叩きこみたい本です。そして!その「箱」に入っているおかげで(?!)なんと!人をそして自分を傷つけ!トラブルを起こしていることか!!!しかも!「箱」に入っていると!自分の心の中で相手を責めて!納得してしまうんです。相手が悪いと決め付けていた幼稚な考えから卒業できそうです♪。人と意見があわなくてイライラした時の不快感。